さとちんBLOG

具体例好き営業GMのブログ@美容業界・練馬情報

コロナについて思う事(真剣に)

f:id:satomaruko0830:20200425223518j:plain

【コロナについて真面目に語る】

たまには真面目に語りましょう・・・!

今日とうとう緊急事態宣言が出ましたね。

ここ1ヶ月くらいの目まぐるしい騒動を踏まえて

今自分が考えている事をカタチに残すために記します!!

 

まず大前提一番大事なのは【命】です。

生きてるだけで丸儲け。なんて言葉がありますが、その通りだと思います。

感染して重症化して、命を落とさない保証はありません。

自分が感染して、家族・友達・恋人に移さない保証もありません。

だからこそ、今この時点で「家にいる事」これが一番大事。

自分の健康・命を守って、周りに迷惑かけない事が大事。

 

そんな当たり前の建前の前置きをしながら語ります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

世の中の美容業は勿論、グルメ、旅行、ブライダル、小売、スポーツ界…

数え切れない業種の方々が大きな影響を受けている。

そんな時にこんな声が聞こえて来る。

 

・フリーランスはどう補償してくれるの?(人権無視するのか)

・契約している商品を解約したい(契約違反だけど)

・契約している広告掲載費用安くしろ(血も涙もないのか)

・署名運動しよう!(皆で声をあげよう!)

・国が補償してくれなきゃうちのお店潰れるよ(ともかく何とかして)

 

このそれぞれの理屈

よ〜〜〜〜〜〜〜く分かる

 

でもさ声を上げている先の企業も

大変なのは同じじゃありませんか??

その企業にも守るべき従業員がいるんですよ。

それぞれがそれぞれの立場で大変な訳じゃないですか。

なのに、自分たちの大変さを棚にあげて、補償・署名・要望だけを

相手側に一方的に要求するのはどうなんでしょうか。

相手が行政などならまだ分かるんですけど、イチ企業ですよね。

 

こんな事を言ったら、

「オマエは経営者じゃないから。守る従業員もいないからそんな事を言うんだ!」

とか言われそうですが、、、確かにそうかもしれません。

経済活動が貧窮して、失業者が出ると自殺者が増えるデータもあります。

でも違うんです。この騒動が収まれば経済は必ず皆で復活できる!

いや、皆でそうなるように努力すれば良いじゃない?

でもそうなるためには、ウイルスとの未知の戦いに勝たなきゃならないんですよね。

勝つためにどうするか→「家でおとなしくしている事でしょう」

 

これは最初にお伝えした通り、【命】に関わる問題じゃないですか。

皆、大変な訳なんでお互いの大変な立場を尊重しながら

協力して乗り切りましょうよ。って事だと思うんです。

 

だから

 

・フリーランスはどう補償してくれるの?

→自分で選んだ働き方じゃないの?

・契約している商品を解約したい(契約違反だけど)

→契約書読んだ?解約の免責事項ちゃんと確認しようよ

・契約している広告掲載費用安くしろ(血も涙もないのか)

→効果が出てる時は喜んでいたのに、手のひら返し?

・署名運動しよう!(皆で声をあげよう!)

→運動される側は加害者なの?

・国が補償してくれなきゃうちのお店潰れるよ(ともかく何とかして)

→皆、大変なんだ。命を優先しようよ

 

昔の映画で「ペイフォワード」っていう

トレバーという子供が主人公の映画がありました。

 

ある日、担任であるシモネット先生が「世界をよりよくするには自分は何をしたらよいか?」という課題を出します。トレバーは3人に親切をし、その3人は別の3人に親切をするという「ペイ・フォワード」を提案しました。トレバーは早速シモネット先生、ホームレスのジュリー、クラスのいじめられっ子の3人にペイ・フォワードを実行することにしました。

映画『ペイ・フォワード 可能の王国』ネタバレあらすじ結末|映画ウォッチ

こんな事が今、求められてませんかね?

自分が大変だから何とかしてくれ。ではなくて

自分から周りの人にいい人をしよう。になったら本当に世界は変わる気がする。

 

今回の事象って地球規模で考えたら

ウイルスとの勝負に勝って平和を得るための

人間対ウイルスの戦いじゃないですか。

100年後、必ず日本史の教科書に載りますよ。

 

だから誰かに何とかしてくれではなく

命を繋ぐために皆でペイフォワードしましょうよ。って思うんです。

 

サラリーマンの分際で生意気な事言ってすみません。

それでわ!!